第73話 牙の洗礼 モバイル版 お気に入り画像登録
第73話 牙の洗礼

登録 タグ *小説 *挿絵 *Need of ……
編集を行うにはログインしてください

投稿日時
2013-05-17 07:58:01

投稿者
プロフィール画像
彩世幻夜

このユーザのマイページへ

お気に入りユーザ登録
投稿者コメント
2本の、固く尖った牙の感触が、ある一点で留まり、
何かを確認するように
同じ場所を何度か甘噛みをし――。
彼が、これから何をしようとしているのか。
考えるまでもなく、明らかだ。
咬まれても構わない、とは言ったけれど。
……さすがに緊張せずにはいられない。
肌に触れた牙に、それまでとは明らかに違う力が
加わり、皮膚に強い負荷がかけられた時、
咲月は思わず息を詰めた。
甘噛みされるのとは違う、鋭い痛みとともに
皮膚が破られ、牙が肌の下へと埋まっていく。
そうして穿たれた傷口から、鮮血が溢れ出し、
朔海はすかさず傷口に強く吸いつき、啜り上げた。
→画像情報ページへ
最大化 | アクセス解析 | ユーザ情報

メッセージ送信
▽この画像のURL(リンクについて)▽


▽この画像のトラックバックURL▽(トラックバックについて)


情報提供